止水プラグ FlexODSバイパス 7660175 Ø500/1200

止水プラグ FlexODSバイパス 7660175 Ø500/1200 ケブラー繊維(Kevlar)使用
トレルボルグ社(オランダ)製品

Flex ODSバイパス 7660175 Ø500/1200 ケブラー繊維(Kevlar)使用
●FlexODSプラグは、迂回ホースをもつバイパスタイプで、柔軟性のあるプラグです。
●破損した管を補修する時、水を迂回させることが出来ます。
●バイパス付きで、止水した水を排水することができ、水替え工事にも使用できます。
●管路内での空気圧、水圧検査時、本プラグの使用が最も適しています。
●プラグは、高品質のケブラー繊維使用の補強されたゴムの層で作られています。
●呼び径:500/1200、20/48 inch。
●バイパスパイプ径:102mm、4 inch。
●寸 法:Ø440mm、長さ1650mm。
●質 量:60㎏。
●最大使用圧力:0.2 MPa、2.0 bar。
●最大許容背圧:
呼び径500mm時0.13 MPa、1.3 bar。呼び径600mm時0.12 MPa、1.2 bar。
呼び径700mm時0.11 MPa、1.1 bar。呼び径800mm時0.11 MPa、1.1 bar。
呼び径900mm時0.11MPa、1.1 bar。呼び径1000mm時0.1 MPa、1.0 bar。
呼び径1200mm時0.05MPa、0.5 bar。
(最大許容背圧は、空気のテストの場合0.02MPa(0.2bar)で、水のテストの場合0.05MPa(0.5bar)で検査しました。)

* 本製品は東京海上日動火災保険株式会社の賠償責任保険(賠償責任額2億円)に加入済みです。

Flex ODS バイパス 76680174 ?500/1000

商品番号 呼び径 寸法 質量 最大使用圧力 最大許容背圧 バイパス径
mm inch 径mm 長mm kg MPa bar 呼径mm MPa bar inch
7660174 500/1000 20/40 440 1350 52 0.2 2.0 500 0.13 1.3 2.0
Storz-52C
600 0.12 1.2
700 0.11 1.1
800 0.11 1.1
900 0.1 1.0
1000 0.06 0.6
7660175 500/1200 20/48 440 1650 60 0.2 2.0 500 0.13 1.3 4.0
Storz-110A
600 0.12 1.2
700 0.11 1.1
800 0.11 1.1
900 0.11 1.1
1000 0.1 1.0
1200 0.05 0.5


「オランダ・トレルボルグ社概要」
・1905年創業。
・従業員:20,000名。
・世界45ヶ国に120工場保有。
・全世界ゴム製品(タイヤ製品を除く)メーカーランク2位に位置するゴム製品製造会社。
・ケブラー繊維(Kevlar)使用した強度のプラグを製造、また耐化学薬品、耐油、耐摩擦性に優れた
ニトリル(NBR)で製造されたプラグも生産しています。

* ケブラー(Kevlar)とは
芳香族ポリアミド系樹脂の登録商標である。1965年に開発され、デュポン社によって1970年代初期に商業的に使用され始めた。正式名称はポリパラフェニレンテレフタルアミド。

ケブラーの構造(太線: モノマー単位、点線: 水素結合)

特徴
ケブラーはパラフェニレンジアミンとテレフタル酸クロリドの重合によって得られ、分子構造が剛直で直鎖状の骨格を持つために、高強度・高耐熱性であり、同じ重さの鋼鉄比べて5倍の強度を持つ。また、ケブラーは結晶性のポリマーであり、一般の有機溶媒に溶けず、溶融もしないために成形が困難なポリマーである。そのため、濃硫酸に溶解することで成形していることも大きな特徴である。

ケブラーの強度は、周囲のポリマー鎖との、カルボニル基と水素間の水素結合や、ベンゼン環のπ結合の部分的な重なりによる。

ケブラーには、ケブラー、ケブラー29、ケブラー49の3種類があり、ケブラー49は全てのアラミド繊維の中でも最高の引っ張り強度を持つと考えられており、繊維強化プラスチックの補強、船体、飛行機、自転車、ヨットの帆、特殊な用途ではボディアーマー防刃ベストなどに使用されている。

詳細は日本タップ止水プラグページーへ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>